結婚指輪を選ぶポイント

結婚指輪の歴史と由来

結婚指輪とは、結婚の証として男女が身につけるペアのリングのことをいいます。日本で定着したのは今から約50年程ですが、古代ローマ時代にあたる9世紀から始まって伝来してきた歴史のある習慣です。結婚指輪は永遠に途切れることのない愛情を象徴するもので、指輪を常に身に着けることで相手を強く思うことができる意味合いもあり、夫婦の絆を深め、永遠に愛が続くようにと込められた歴史ある習慣が結婚指輪には込められています。

結婚指輪をはめる指は

日本では結婚指輪は左手の薬指にはめることが一般的となっています。左手の薬指にはめるのは、ギリシャ神話に由来されているといわれています。神聖な意味のある指とされているため、婚約指輪も左手の薬指につけるのが一般的です。指輪をはめる指にこめられて思いとしては、左手の薬指の場合は愛の絆を深める・願いを実現するとされています。ちなみに右手の薬指の場合は、精神的な安定・恋愛成就という意味が込められているため、指により意味が異なっています。

結婚指輪の選び方とは

結婚指輪の選び方として、育ちも性格も違う二人で選ぶため事前に下調べしておくことが大切です。ネットなどで事前に情報収集し、二人の希望をまとめることが大事です。身に着ける頻度もデザインを決めるうえで重要となるため、毎日身に着けるのか、記念品として購入するのかを決めておくといいでしょう。指輪選びのポイントとしては、ブランド・色・テイストなどポイントを押さえて、すべてを決める必要はないですが重要なポイントは押させておくと選びやすくなります。

結婚指輪は毎日するものなので、家事をするときや子育ての時に邪魔にならないようなシンプルなデザインのものを選ぶなど注意が必要です。