時計は定期的にお手入れすると長く使える

ブレスの汚れを除去する

機械式時計は肌に装着するものなので、長期にわたって使用していると本体に汚れが付着します。これにより見た目が悪くなってしまうため、せっかく購入した高級時計なども魅力が大きく半減してしまうのです。

そこでこういう時は歯ブラシを利用して汚れを除去しましょう。歯ブラシは先端部分が細かくなっていて、隙間部分もキレイに掃除できます。

特にステンレスブレス部分は複雑に入り組んでいるので、かなり快適に掃除を行えるのです。

コンパウンドでキズを補修可能

歯ブラシを使って汚れを除去できたら、今度はケースやブレスのキズを補修します。これはホームセンター等のDIY用品を売っているお店で購入できるコンパウンドを使用するのです。

コンパウンドは研磨用品の1つで専用のクロスを使用すると簡単に小キズを補修できます。販売価格も非常に安いので低コストで綺麗にできる商品です。

クロスを購入する場合は専用のものか金や銀を磨くためのクロスが適しています。コンパウンドは磨けば磨くほどキレイになるので、ある程度時間をかけて入念に行うといいです。

革ベルトはちょっと取り扱いに注意

時計のブレスといえばステンレスが一般的ですが、革素材の物もあります。こちらはステンレスよりもかなりデリケートな素材でお手入れにも注意が必要です。

まずドライヤーやアイロンなどは絶対に使用してはいけません。革ベルトは乾燥すると固くなってしまい変形するため、そうなるとかなり見た目がかなり悪くなるのです。

濡れてしまった時早急に乾燥させると取り返しがつかないので気をつけましょう。濡れた場合は吸湿性のいいクロスで拭き、その後は日が当たらず涼しい場所に置きます。

パテックフィリップの永久修理は、手段を選ばず修理対応をしますという意味です。本来の部品が無ければ代替品で対応する場合もあり、オリジナルの維持を補償するものではありません。